わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

近視・乱視・老眼

学校近視

視力回復のススメ!なんでも情報局の諭吉です。秋の夜長、あなたは何します?

学齢期に近視になることを学校近視といいます。これは成長する子どもの目の生理的変化によるもので、別名、単純近視とも呼ばれ、度数が比較的軽く、矯正器具により適正な視力が得られます。

病的な要因によるものではありませんが、遺伝や目の近くで行う作業の多い環境の影響があるといわれています。

子供視力低下の早期発見方法は、子供の普段の生活態度でチェックできます。

学校の健診以外で視力低下はわかりにくいものです。ご両親の観察でチェックできますから、子どもの視力低下が気になったら、一度チェックしてみてください。

@よく目を細めている
A目つきが悪くなった
B見えにくい様子がある
Cよく転んだり、つまづいたりする
D学習などに根気がなくあきっぽい
E集中力がない、落ち着きがない
Fテレビ・パソコン・対象物に近づいて見ている
G「目が痛い、目が疲れた」と言う
H片目ずつ隠して、片目が極端に見えていないかどうか
I学校の視力検査で視力が0.9以下
J前回の視力検査結果と比較して視力低下が進んだ

いかがでしたか?日頃のお子様の様子を思い出してみてください。このような状態であれば早々に眼科医に相談された方がよいでしょう。


子供さんの視力回復に興味がある方はコチラをどうぞ。

近視・乱視・老眼

メガネが必要となる視力は?

どこまで視力が落ちたらメガネが必要となるのか?

個人差がありますが、一般的に運転免許に必要な0.7の視力が基本となります。

教室で黒板を見るにも0.7以上の視力が必要だそうです。

遠くを見るのに不自由を感じ始めたらメガネをかけてください。

メガネをかけたから近視が進むとか、メガネをかけたり、はずしたりしたから近眼が進むということはないそうですから。
(新潟市医師会ホームページ参照)

【使い捨てコンタクトレンズユーザーへメガネの新しい作り方】

イーレンズスタイル・ストアー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。