わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

目にいい食べ物

目に優しいレシピ

視力回復のススメ!なんでも情報局の諭吉です。だんだん秋らしくなってきましたね!

食欲の秋到来!です。
おでんで一杯、キュ〜っと。おっとよだれが・・・(スイマセン)

このおでん、実は目の健康に良いレシピだったんです!

中央公論社によれば、をよくし、疲れをとるには、高炭水化物で低脂肪の食事に心がけることです。これは、目の健康だけでなく、体全体にもいいのです。日本人が昔から食べてきた食事が、まさしくそれでした。いつの間にか肉食や高脂肪の食事が多くなってしまい、それによる悪影響が病気という形で現れています。ここでもう1度、日本食を見直してみるのも大切なことではないでしょうか。


おでんは、野菜や魚介類、海草類を十分に摂取できる理想的な料理です。ヘルシーで、しかもミネラルの中でも特に重要な亜鉛をとることができます。


◎材料
あじ10尾・むきえび(しばえび)1〜2カップ・片栗粉少々・大根1本・焼き豆腐2丁・こんにゃく1枚・じゃがいも6〜8個・ちくわぶ1本・昆布10g・塩・しょうゆ


◎作り方
@昆布を食べやすい大きさに切って、大鍋に水から入れて煮る。
Aあじを3枚におろし、別の鍋でアラを煮だしておく
Bあじとえびをミキサーにかけてペーストにする。
Cペーストをボウルに入れ、片栗粉を加える。片栗粉は適当な粘度が出るだけ  入れ、塩を加えてヘラでよくこね合わせておく。
D昆布を入れた大鍋の湯が煮立ったら、ペーストを適当な大きさにサジでとっ  て入れる。きれいな形に手で丸めたつくねにする場合は、片栗粉の量を多く   しておく。
Eつくねが浮いてきたら、とり出しておく。
F塩としょうゆで味を調える。
G大根を輪切りにして大鍋に入れる。大根がほぼ煮えたところで、他の材料を  入れる。
H別の鍋で煮ておいたアラが十分に煮だせたら、漉して大鍋に加える。
Iもう1度、塩としょうゆで調味して、弱火にかけてできあがり。
Jつゆに甘味がほしい場合は、酒を加える。

これからの季節、おでんパーティーなんかも良いかも!

目にいい食べ物

ブルーベリーが目にいいのはなぜ?

今日も暑かったですね〜!視力回復のススメ!なんでも情報局の諭吉です。

ブルーベリーは目に良いといわれてますが一体何故なんでしょうか?

まずは、何故ものが見えるのか?
視覚は、光の刺激が目の網膜によって電気信号へと変換され、脳に伝わることで成り立っています。

この信号変換の役割を果たしているのが、網膜の中にある紫色のロドプシンというたんぱく質です。

光が網膜に到達すると、ロドプシンはオプシンとレチナールに分解され、それに伴い視覚刺激が神経へと伝わり、「ものが見える」というわけです。

その後、オプシンとレチナールは、ロドプシンへと再合成されるのですが、 私たちの目の中では、このサイクルが猛スピードで行われており、 ロドプシンへの再合成スピードが遅くなると、目は疲れ、見えづらくなってしまうのです。

いや〜人体の神秘ですよね!これを発見した人もスゴイ!

では本題、なぜブルーベリーが目にいいのでしょうか?
もともと、第二次世界大戦中、イギリスのパイロットが、「ブルーベリーを食べると、暗くても目が見える!」といったことが始まりだともされていますが、その秘密は、ブルーベリーの中に含まれる赤紫色の色素「アントシアニン」だったんですね。

このアントシアニンが、ロドプシンの再合成を促進させる働きをしてくれるんだそうです。
ただし、視覚改善効果を期待するには、生のブルーベリー果実であれば1日に40g以上(20〜30粒)、乾燥ブルーベリーでは10g(約30粒)摂取する必要があるんだそうです。

こんなに1日で食べれないですよね〜。こんなときはこちらをどうぞ!

★目の疲れにブルーベリーのエキスが圧倒的に多い「ヒトミスッキリ」
★目の疲れにブルーベリーのエキスが圧倒的に多い「ヒトミスッキリ」

目にいい食べ物

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、眼精疲労、緑内障、視力回復に効果が高い新素材アスタキサンチン、ゼアキサンチン、ルテイン配合の商品です。

大手メーカーやサントリーも製品化するなど話題の商品、アスタキサンチン

眼精疲労、緑内障、視力回復に効果があります!!

《アスタキサンチン》【ひろ夢ねっと】

目にいい食べ物

ブルーベリーアイ

┏━━━━━━━━━━━━┓あなたの疲れた目にやさしさを!

┃全国100万家族に愛される ┃●1粒に果実160個分の「ビルベリーエキス」

┃★ ブルーベリーアイ ★ ┃●約1ヵ月分で1,680円(税込)

┗━━━━━━━━━━━━┛●目と健康にやさしい成分を12種類も配合!





目にいい食べ物

アントシアニン

アントシアニンとは、ブルーベリーやアヤムラサキという種類のサツマイモに含まれている紫色の色素。

ポリフェノールの一種で、疲れ目を改善し、視力を向上させます。

また、血液をきれいにする作用もあり、アントシアニンは肝機能を向上させることが分かりました。

最近の研究では、アントシアニンが血圧を上昇させる酵素の働きを阻害することが分かっており、血圧抑制効果が期待されています。

これなら気軽にアントシアニンが摂取できます。



★目の疲れにブルーベリーのエキスが圧倒的に多い「ヒトミスッキリ」


★目の疲れにブルーベリーのエキスが圧倒的に多い「ヒトミスッキリ」

目にいい食べ物

疲れ目にアサイベリーミラクルアイ

あなたの目は疲れてませんか?ドライアイで悩んでませんか?

アサイベリーは、アメリカで今最も注目されるスーパフルーツとして紹介され特にアスリートの間では大変話題になってます。

アサイベリーはブルーベリーを超えるアントシアニン含有量、
ポリフェノールは赤ワインの数十倍というスグレモノです。

アサイベリーミラクルアイは、疲れ目かすみ目ドライアイ眼病予防のサプリメントです。



■アサイベリーミラクルアイ(5袋まとめ買いで1袋プレゼント)【★Growup★コスメから雑貨まで人気アイテムが満載!】

あなたの瞳は大丈夫ですか?

目にいい食べ物

視力回復に効く食べ物

視力回復に効く食べ物はとは?

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1・B2、ビタミンE、アントシアニン、亜鉛などを含むものが、視力回復に効果があります。

またビタミンCは、ビタミンEと一緒に取るとさらに視力回復の効き目がUPするそうです。

じゃあ、どんな食べ物があるかといえば、ウナギ、レバー、カキ(貝)、イチゴ、パセリ、ピーマン、ほうれん草、みかん、かぼちゃ、へーゼルナッツ、アーモンド、ハマチ、ブルーベリーなどなど。

ブルベリーとかは有名ですよね。

でも、いくら視力回復に良いからといって食べ過ぎるのはちょっと・・ですね。

偏食をしないことが一番ですかね!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。