わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

目の病気

ドライアイ

視力回復のススメ!なんでも情報局の諭吉です。

現代人の病気ともいえるドライアイは、眼精疲労のひとつです。。
目の角膜の上皮や結膜が乾燥してしまうのですが、怖いのは目の乾きよりも黒目(角膜)を傷つけてしまうことにあるのです。

ドライアイ予防として、オフィスや自宅の可能な場所で加湿器などを使い、室内の乾燥を防ぐようにしましょう。

目にはまつげの生え際に脂分を補給する分泌腺があります。この脂が涙の蒸発を防いでいるのです。ですからこの脂が不足すると、ウエットタイプのドライアイ、つまり、涙は出ているのにどんどん蒸発するから、潤いが追いつかず乾燥してしまう状態になってしまいます。

これは市販の目薬を点眼しても治りません。脂が不足するのは、寝不足、過労などで、分泌腺が詰まったり炎症を起こしていることがあります。
まぶたを温めて、まつげの生え際を、清潔にした指で左右にこすってマッサージし、脂の分泌を促しましょう。このとき眼球を押さないように注意です!

また、洗浄液は目の脂を流してしまうから、目の洗浄液を毎日使うのは厳禁です。
もともと目には自浄作用があるので、洗浄液は花粉やほこりが多いときなどに使うくらいでちょうどいいのです。もちろん洗浄液を使うときは、お化粧などを落としてから使わないと、雑菌やほこりが目に入ってしまい、逆効果になることもありますから。

さらに、コンタクトレンズのトラブルによるドライアイもあります。これはハードレンズよりもソフトレンズに多いのです。ソフトレンズは水分で保たれていますから、涙が足りないとレンズの水分が不足してしまい、異物感を感じたり、視力が落ちたり、角膜が荒れて充血したりします。

現代人に多いドライアイ、充分にケアしましょう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。