わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

レーシック・オルソケラトロジー

レーシックを受けれない人

視力回復のススメ!なんでも情報局の諭吉です。秋です!食べ物が美味しい季節ですね。でも、お腹の肉が・・・

レーシック手術、誰でも出来ると思ってたらレーシック手術が出来ない人もいるんですね。

レーシック手術が出来ない人とは
○20歳未満の人。(視力の安定しない未成年者は手術できないため。)
○角膜の厚さが不十分な人。
○不正乱視の方。(円錐角膜)
○眼科疾患がある人。(白内障、緑内障、ぶどう膜炎、網膜疾患など)
○重篤な疾患のある人。(糖尿病、膠原病、アトピー性疾患など)
○妊娠中あるいは授乳中の方。
○医師のインフォームド・コンセントを充分理解・納得できない人。

上記以外にも様々な条件がありますので、専門医の検査と診断、カウンセリングを受けることをオススメします。


眼科松原クリニック

この記事へのコメント
諭吉さん、こんにちは、ことぽんです。
私は幸い視力はいいほうなのですが、目の使いすぎで右まぶたの裏にしこりができてしまい、時々かゆくなってしまいます(眼科にいってわかりました)
ドライアイのためいつも目薬を手元に置いてます。

また寄らせていただきますね、応援ポチッ☆
こっそりとダイエット
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
妊娠中のレーシック
出産のときに、眼鏡やコンタクトなしで、産まれてくる赤ちゃんを見るために、レーシックを希望する妊婦さんもいるようです。 しかし、基本的に妊娠中はレーシックを受けることは出来ません。 ..
ブログ名レーシックで失敗しないための知識


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。