わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

目の病気

白内障(水晶体の病気)

視力回復のススメ!なんでも情報局の諭吉です。

白内障という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、どんな病気なのでしょうか?

白内障は人の目の中で、水晶体(カメラのレンズにあたる部分)が濁ってくる病気です。昔から俗に「しろそこひ」と呼ばれている病気です。(知らない人が多いのでは・・諭吉も初めて聞きました。)

進行すると手術が必要になりますが、手術技術の進歩により現在では良好な視力回復できるようになってるそうです。

原因として最も多いのが加齢によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれています。早い人では40歳代から始まり、80歳代では詳しく検査を行えば大部分の人で白内障が発見されるそうです。

その他の原因として、外傷によるもの・先天的なもの・薬剤による副作用・そして他の目の病気に続いて起こるものなどが挙げられます。

水晶体が濁り始めると、かすんだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状があらわれ、進行すれば視力が低下してきます。

白内障のごく初期は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、治癒させることはできません。進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを埋め込む方法が一般的に行われます。

手術は局所麻酔で行われ、痛みはほとんどありません。最近の手術は超音波の力で水晶体を吸い出し、残した薄い膜の中に眼内レンズ埋め込むという方法が主な手術法だそうです。

最近の眼内レンズには様々なタイプのものがあり、紫外線を吸収するタイプのもの・メガネでいえばサングラスのように少し色がついたもの・折り畳むことが可能な柔らかい材質のもの・遠方も近方も見えるような仕組みになっている多焦点型のものなどがあり、患者さんの年齢や目の状態などに応じて使い分けられています。

最近の白内障手術は大多数の患者さんにとって視力回復することができる安全な手術となりましたが、手術後に合併症を起こすこともあるそうです。
術後感染性眼内炎は、場合によっては失明に至ることもあるそうです。

高齢化社会が進む現在、白内障は目の病気の中で最もありふれたもののひとつとなりました。白内障手術は年々進歩しており、安全な手術となったばかりでなく、以前にも増して早期の視力回復・社会復帰が可能となりました。目のかすみや視力が落ちたと感じる方は、気軽にお近くの眼科を受診してみてください。
(以上、日本眼科学会より引用)


医学の進歩はホント目覚しいですよね!


ランキング参加中です。 人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。