わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

コラム

外国人と目の色が違うのはなぜ?

日本人と外国人と目の色が違うのは、なぜでしょうか?
人間は、人種によって目の色が違います。私たち日本人の目は黒色ですが、外国人には青色や緑色の人もいます。どうして外国人と目の色が違うのでしょうか。

私たちの目には、目の中に入ってくる光の量を調節する「虹彩」という部分があります。そして、目の色は、この虹彩の色なのです。日本人は、虹彩の色が黒いので、目も黒色になります。

虹彩の色は、メラニン色素と呼ばれる黒茶色の色素の量で決まります。このメラニン色素が多いと黒い目、少ないと茶色や青い目になります。つまり、白人はメラニン色素が少ないので目が青っぽく見え、日本人はメラニン色素が多いため黒っぽい目に見えるのです。

このメラニン色素は肌の表面や目に多く存在し、太陽光線に含まれる有害な紫外線から肌や目を守る役目をしています。メラニン色素の量が少ない白人は、虹彩の色が薄いため、黒目の日本人の2倍も 光をまぶしく感じてしまいます。外国人が、いつもサングラスをかけているのは、そういうわけなのです。


これからの季節、サングラスは必要です!
自分にあったサングラスを探してる人、外国人みたいな目の色のカラコンを探してる人。ここを見てみたら!

【イーレンズスタイル・ストアー】コンタクトレンズ、メガネ、サングラス等ライフスタイル通販。ポイント発行でお得にお買い物!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21027620
この記事へのトラックバック
1年使えるカラーコンタクト!
この夏はカラーコンタクトでお洒落をしてみませんか!1年使えてこの価格にはびっくり!いろいろな種類を取り揃えてあります。
ブログ名カラーコンタクト通信販売


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。