わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

コラム

涙にまつわる雑学

最近、涙もろくなってきた諭吉です。歳かな〜

今回は涙をテーマにしてみました。学校や職場で使ってね!

まず、涙がしょっぱいのはなぜでしょうか?
涙は、人間が排出するものの中で、一番きれいなものなんだそうです。
成分は98%が水で、その他、ナトリウム、カリウム、アルブミン、グロブリンなどのほか、0.5%のタンパク質が含まれています。涙をしょっぱく感じるのは、ナトリウムが含まれているからだったんですね。

じゃぁ、嬉しい時や悲しい時に涙が出るのはなぜ?
涙腺は、「三叉神経」「交感神経」「副交感神経」の3つの神経の支配を受けています。嬉しいときや悲しいときは副交感神経が働き、薄い水っぽい涙が出ます。
逆に、悔しいときや腹が立つときは交感神経が働き、しょっぱい涙が出ます。

次に、わさびで涙がでるのはなぜでしょう?
わさびの主成分は、「アリル・イソ・チオシアネート(アリルカラシ油)」です。
このアリルカラシ油は非常に揮発性が強く、食べた時に目や鼻を刺激し涙を引き起こさせるのです。
また、アリルカラシ油は普通の状態では全く辛みがないのですが、すりおろして細胞組織が壊れると同時に辛くなる性質を持っています。
そのため、生わさびなどは細かくすりおろせばすりおろすほど、細胞も細かく破壊されて辛味が増すからです。

最後は、煙が目に入ると涙が出るのはなぜ?
煙は、空気中に浮いている固体とガス体の集まりです。煙のつぶ(粒子)が、目にゴミが入るのと同じように、目を刺激するのです。また、ガス体に含まれる有毒ガスが目に害を及ぼす、化学的な刺激もあります。このように、目が刺激されることによって流れる涙のことを、反射性分泌といいます。

どうでしたか?
面白かったと思った人は、ランキング応援お願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。