わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

コラム

暗いところで本を読むのは良くない

子供のころ暗いとこで本を見たりテレビを見て親から怒られてた諭吉です。

何で暗いとこで見たらよくないの?

目の中央にある濃い部分が、光の入り口である瞳孔といいます。カメラで言えばしぼりにあたるところです。

目は周りが暗いと、より多くの光を取り入れようとして瞳孔を開きます。反対に近くの物を見る時は、像をはっきりさせる為に瞳孔を小さくしなければなりません。

そんな状態で本を読もうとすれば目に負担がかかるのは当然です。
暗いところでの読者や作業はやめましょう。テレビを見る時は部屋を明るくしましょう。目を疲れさせないために。

こういうことだったんですね!

本を読んだり、勉強するにはこれなんかいいかも。
目の疲れやストレスを抑えて集中力3倍アップ!仕事や勉強の効率アップも間違いなし!3Mフィルターライト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20573727
この記事へのトラックバック
◆パソコンと目の疲れ:疲れないためのチェックポイント
 1.始めに 仕事や勉強や趣味でパソコンを使う人が増え、それに伴って「目の疲れ」を訴える人が急速に増えています。 他人事でなく、私自身が30代頃からパソコンと睨みあう毎日で、それまで両眼1.5の視力が..
ブログ名明日への道しるべ@ジネット別館


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。