わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

目の病気

角膜内皮障害

◆角膜内皮が障害される主な原因として、以下のようなものが考えられます。

(1) 眼内の操作を要する手術(内眼手術)や、レーザー治療
(2) 急激な眼圧の上昇(特に緑内障発作)
(3) 眼の外傷
(4) 眼内の炎症(ぶどう膜炎など)
(5) 先天性のもの
(6) コンタクトレンズによる酸素不足

◆角膜内皮障害の症状
角膜全体にむくみが出現しないうちは、特に症状はありません。
角膜にむくみが出現するとかすみを自覚するようになります。
このような状態まで進行すると角膜表面を構成する細胞(角膜上皮細胞)が剥げ易くなり、そうなると非常に強い眼の痛みを自覚するようになります。

◆角膜内皮障害の治療
症状がなければ、特に治療の必要はありません。
角膜のむくみが軽い場合は点眼薬でむくみを緩和できることがあります。
さらに進行して眼の痛みが出現するようであれば、痛みの緩和のために治療用ソフトクンタクトレンズの装用も効果があります。
しかし、ここまで病状が進行した場合、多くは全層角膜移植術が必要となります。減少した角膜内皮細胞を再生させるような治療法は、残念ながら今のところありません。

(日本眼科学会参照)


ランキング応援お願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20276978
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。