わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?

目の病気

目の病気(角膜)

今回は日本眼科学会を参照に角膜の病気をご紹介します。

角膜とは厚さ約0.5mmの透明な組織で、俗に「黒目」と呼ばれています。

その角膜に病原性を持った微生物が付着し繁殖した状態を角膜感染症と呼びます。

角膜感染症を起こす主な微生物として、細菌・真菌(病原性を有するカビ)・アカントアメーバ・ヘルペスウイルスなどがあります。

○細菌性角膜炎
細菌が原因で起こる角膜感染症です。強い眼の痛みと大量の目やにを自覚します。
角膜の一部が白く濁り、白目が強く充血します。

細菌の種類によっては病状の進行が非常に早いものもあり、放置した場合、角膜が融けて穿孔(孔が開くこと)することさえあります。

治療によって細菌が除去できたとしても、角膜に濁りを残して視力が低下したままになってしまうこともあります。

○真菌性角膜炎
真菌とは病原性カビの一種で、これによる角膜感染症を真菌性角膜炎と呼びます。

健康な角膜には真菌が入ることはほとんど無く、この病気自体まれなものです。

しかし、ステロイド薬の目薬を長期にわたって点眼している人やコンタクトレンズの不適切な使用を続けている人では真菌性角膜炎を発症しやすいようです。

症状は、細菌性角膜炎と極めて類似していますが、抗生物質が全く効きません。

そのため、細菌性角膜炎と診断され抗生物質治療にもかかわらず改善しないために大きな病院へ紹介されることもしばしばです。

○アカントアメーバ角膜炎
アカントアメーバと呼ばれる微生物が原因で起こる角膜感染症で、やはり症状は細菌性や真菌性角膜炎と似ています。

アカントアメーバ角膜炎を発症した人の半数はソフトコンタクトレンズ使用者であり、取り扱いが不適切である場合がほとんどです。

極めて治りにくいのが特徴です。

○ヘルペス性角膜炎
ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスが原因で起こる角膜感染症です。

ヘルペスウイルスには単純ヘルペスと帯状ヘルペスとがありますが、どちらのウイルスも角膜炎を起こします。

角膜の炎症がそれほど強くないにもかかわらず、強い眼の痛みを自覚することが特徴的です。

いったん完治しても体調が不良になったときなどに再発することがあります。

再発を繰り返すと、角膜に濁りを生じて視力障害を残したり、角膜が薄くなって穿孔したりすることもあります。



角膜感染症は、重症例では失明することもあり、眼病の中でも比較的緊急性の高い病気です。

強い充血や眼の痛み、大量の目やになどの症状が出現し、角膜感染症が疑わしい場合には早めに眼科を受診することが大切です。


国内メーカーの商品で安心「アイ・ライフ・コンタクト」






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。